ホーム > 宿泊 > 一度は泊まりたい東京の宿 > ホテルニュー紅陽

ホテルニュー紅陽

ここから本文です。

赤い煉瓦が目印

リーズナブルな価格で世界中の人々から愛されるホテル

東京スカイツリーが見え、浅草まで歩いて観光できる場所にあるホテルニュー紅陽。宿泊料金を抑えて、旅行をしたい人にぴったり。

リーズナブルな価格で旅行者を支えるホテル

東京スカイツリーへは徒歩圏内

浅草北部のこのエリアには、今ではリーズナブルなホテルが点在していますが、外国人旅行客(おもにバックパッカー)にもご利用いただけるような宿泊施設は、ホテルニュー紅陽からはじまりました。
1995年くらいから、多言語対応、館内設備の整備を実現し、今や180カ国以上の旅行者に利用されています。利用客は90%が外国人で、ヨーロッパ、アメリカ、台湾、インドネシア、タイからが多く、リピーターや口コミでこのホテルを選ぶ人も多いのも特徴のひとつです。

シンプルで清潔な館内

館内どこでも無線LANが利用可能で、無料でPCも利用できます。他にもコインランドリー、共用キッチン、飲み物の自動販売機が設置されているなど、宿泊料金はリーズナブルだが、旅行者にとって便利なサービスを提供しています。
客室は、狭いながらもプライベート空間を十分に確保できます。また、和室と洋室があるので、畳に布団という日本的な寝室を体験できます。

畳に布団が外国人にも人気

スタッフの丁寧な対応が人気

レンタル自転車が用意されている

ホテルのスタッフは、海外生活の長い人や世界中旅行をしていた人がほとんどなので、外国語でコミュニケーションができるだけではなく、旅行者の気持ちや文化背景を理解しているから、旅行者に対して親身になった対応をしてくれます。
ホテルで対応している言語は、英語以外にもフランス語、中国語(台湾)。(フランス語、中国語のスタッフは毎日いるとは限りません)
ホテルの近所には、カフェ テプイという外国人旅行者が集まるバーがあるので、旅行の情報交換ができると評判です。

ホテルから一言  「旅行者の目線に立ったサービスを提供したい」

「自分自身も世界中を旅しており、旅先で多くの人に助けられました、と帰山社長。その経験を生かし、少しでも快適に過ごしてもらうためのサービスを提供するようにしています。旅行中に困ったことなどなんでも聞いてください」

ご自身も旅行好きのオーナー

ホテル情報

ホテルニュー紅陽

住所:〒111-0021 台東区日本堤2-26-13

アクセス:日比谷線 「三ノ輪」駅 徒歩10分

宿泊施設・詳細情報

更新日:2014年1月9日

観光スポット検索