ホーム > 東京×発見 > あの時、あのワンシーンへ > 出かけてみよう!ロケ地をめぐるお散歩マップ

ここから本文です。

東京発見 古きよき日本を発見!トップに戻るbtn

出かけてみよう!ロケ地をめぐるお散歩マップVOL.1 映画「ウルヴァリン SAMURAI」のロケ地を訪ねる

お散歩マップVol.1(PDF)

コース:1. 浄土宗大本山 増上寺 → 2. 東京タワー(港区芝公園) → 3. 田町グランパーク(港区芝浦) → 4. 竹芝客船ターミナル(港区海岸) → 5. 浜離宮恩賜公園(中央区浜離宮庭園)

映画「ウルヴァリン SAMURAI」のロケ地に「増上寺」が選ばれたことから、世界からの注目度も高まる港区。東京のシンボル「東京タワー」をはじめ世界に誇る観光名所も多く、それらのロケ地で多くの作品が作られています。

JR浜松町駅

徒歩 10分

1. 浄土宗大本山 増上寺(港区芝公園)

作品 映画(海外)「ウルヴァリン SAMURAI」

徳川将軍家の菩提寺で6人の将軍が眠り、多くの貴重な文化財も収蔵されているお寺です。撮影時は数日間、境内の一般参拝を規制し、スタッフ、エキストラあわせて数百名規模での大がかりなアクションシーンのロケが行われました。増上寺会館の屋根にワイヤーロープを渡し、東京タワーの威容を背景に忍者が屋根から屋根へ飛び移るなど、見慣れた光景がハリウッドの目を通してどう描かれたのかぜひ確かめてください。

住所

港区芝公園4-7-35

交通

JR線・東京モノレール「浜松町駅」から徒歩10分

問い合わせ先

03-5404-0543

URL

http://www.zojoji.or.jp/(外部サイトへリンク)
『ウルヴァリン:SAMURAI』監督:ジェームズ・マンゴールド 2013年9月13日公開、20世紀フォックス映画配給 ©2013Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.

徒歩 5分

2. 東京タワー(港区芝公園)

作品
映画「東京タワー」
映画(海外)「ウルヴァリン SAMURAI」
TVドラマ「働きマン」
TVドラマ「私が恋愛できない理由」

東京のシンボルとして日本の高度成長を見守ってきた東京タワーはお馴染みの観光名所であり、東京の風景になくてはならないものとして多くの撮影が行われてきました。展望台からは360度の大パノラマも楽しめます。「働きマン」「私が恋愛できない理由」では最終話が撮影されました。「東京タワー」「ウルヴァリン SAMURAI」では作品の中で東京タワーを見ることができます。

住所

港区芝公園4-2-8

交通

大江戸線「赤羽橋駅」赤羽橋口から徒歩5分

問い合わせ先

03-3433-5111

URL

https://www.tokyotower.co.jp/index.html(外部サイトへリンク)

徒歩 28分

3. 田町グランパーク(港区芝浦)

作品
TVドラマ「リッチマン、プアウーマン」
TVドラマ「PRICELESS~あるわけねえだろ、んなもん~」

高さ約150メートルのビルはオフィス、ショッピングや飲食ゾーン、住居からなる複合型施設です。屋上へリポートや会議室、地下駐車場、緑が広がる広場など1施設内でさまざまなロケーションを有するところからロケ地としての人気が高く、年間100本以上のさまざまな撮影が行われています。「リッチマン、プアウーマン」では総務省の建物、「PRICELESS」では主人公が解雇された会社として使用されました。見学は広場や店舗スペースに限られます。

住所

港区芝浦3-4-1

交通

JR「田町駅」から徒歩5分

問い合わせ先

03-5441-2100

URL

http://www.granpark.jp/(外部サイトへリンク)

徒歩 28分

4. 竹芝客船ターミナル(港区海岸)

作品
TVドラマ「雲の階段」
TVドラマ「ハケンの品格」

伊豆・小笠原諸島への船やレストラン船が発着する海の玄関口は、海の景観を満喫しながら散策や食事など、気軽に水辺を楽しめるスポットでもあります。「雲の階段」ではふ頭、「ハケンの品格」ではイベント会場で撮影が行われました。

住所

港区海岸1-16-3

交通

ゆりかもめ「竹芝駅」下車

問い合わせ先

03‐3432‐8081(東京港埠頭株式会社 竹芝客船ターミナル管理事務所)

URL

http://www.tptc.co.jp/terminal/terminal_guide/takeshiba/tabid/329/Default.aspx(外部サイトへリンク)

徒歩 20分

5. 浜離宮恩賜公園(中央区浜離宮庭園)

作品:TVドラマ「篤姫」

徳川家の歴代将軍によって造園、改修工事が行なわれてきた江戸時代の代表的な大名庭園です。将軍家の別邸として使われて、天璋院篤姫も、海水を引き込んだ池にかかる「お伝い橋」や「中島の御茶屋」で楽しんだといわれています。作品では篤姫の別宅として使用されました。

画像提供:公益財団法人東京都公園協会

住所

中央区浜離宮庭園1-1

交通

都営地下鉄大江戸線「築地市場」(E18)、「汐留」(E19)、ゆりかもめ「汐留」から徒歩7分

問い合わせ先

03-3541-0200

URL

http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index028.html(外部サイトへリンク)

徒歩 15分

JR浜松町駅

 

より大きな地図で 出かけてみよう!ロケ地をめぐるお散歩マップVOL.1(東京ロケ地めぐり) を表示

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

観光スポット検索