ホーム > 観光スポット検索 > 自由学園 明日館

自由学園 明日館

ここから本文です。

明日館外観

明日館ラウンジホール

明日館食堂ペンダントライト

1921(大正10)年、羽仁吉一・もと子夫妻によって創立された自由学園の校舎として建設。近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトと、その高弟、遠藤新による設計。学校機能を東京・東久留米市に移し校舎としての役目を終えた後、自由学園と日本の教育の明日を託して「明日館」と命名され、卒業生の諸活動の場所として使用。それからさまざまな歴史を経て、1997(平成9)年、国の重要文化財に指定され、保存修理工事が行われた。2001(平成13)年、文化財を使いながら保存する「動態保存」のモデルとして運営。建物の見学のほか、結婚式、セミナー、懇親会、コンサート、公開講座など多目的に使用され、現在に至る。

基本情報

名称(ふりがな)

自由学園 明日館
(じゆうがくえん みょうにちかん)

住所

〒171-0021

豊島区西池袋2-31-3

お問い合わせ先

名称/自由学園明日館(じゆうがくえんみょうにちかん)

電話番号/03-3971-7535

ファックス番号/03-3971-2570

メールアドレス/myonichi@jiyu.jp

ホームページ/自由学園 明日館

営業・料金案内

営業日/
火曜日~日曜日(土日祝日は要問合せ)

営業時間/
10:00~16:00(最終入館15:30)※休日見学日(土日祝の内、月1日程度)10:00~17:00(最終入館16:30)※夜間見学日(第三金曜日)18:00~21:00

定休日・休業日/
毎週月曜日(月曜日が祝日または振替休日の場合は、その翌日)、年末年始

所要時間/
小1時間 見学営業日は14:00からガイドツアーあり。(無料・自由参加・予約不要)

利用料金/
見学料:見学のみ400円(団体(20名以上)300円)
喫茶付見学600円(団体(20名以上)500円)
※お酒付見学(夜間見学日のみ)1000円

交通アクセス

電車で行く/JR「池袋」駅から徒歩5分、「目白」駅から徒歩7分

対象

子ども | 学生 | グループ | カップル | ファミリー | シニア | シルバー |

見ごろ・
シーズン情報

二ヶ月おき程度に主催イベントあり。詳細はホームページなど参照。

文化財

国指定文化財 |

その他サービス

設備案内

トイレ設備あり |

外国語説明・表示

英語 |

外国語パンフレット

英語 | 中国語(簡体) | 韓国語 |

ユニバーサルデザイン

  • AED設置
  • 障がい者対応(車いす仕様)駐車場あり
  • フロア手すりあり
  • 車いす対応スロープあり
  • 一般・車いす共有エレベーターあり
  • 手すり付き洋式便器あり
  • 多目的トイレあり
  • おむつ交換台あり
  • 車いす貸出あり
  • 施設内段差あり

地図情報

観光スポット検索