ホーム > 東京の楽しみ方 > エリア紹介 > 小笠原諸島

小笠原諸島

ここから本文です。

画像

ボニンブルーと呼ばれる小笠原の青い海。

小笠原諸島は、東京の都心から南へ約1,000km離れたところにある大小30余りの島々です。年間の気温差が少なく、透明度の高い海に囲まれた小笠原は固有の動植物が豊富で、2011年、世界自然遺産に登録されました。島へのアクセスは船のみで、小笠原諸島の玄関口「父島」には東京港の竹芝客船ターミナルから定期船「おがさわら丸」を利用して訪れることができます。イルカと泳ぐドルフィンスイム、クジラとの出会いを楽しむホエールウォッチングのほか、ダイビング、海水浴、釣り、シーカヤック、ハイキングやトレッキングなど、小笠原の楽しみ方はいろいろ。南国の島小笠原で大自然を思いっきり満喫しましょう。

画像

船上からクジラのダイナミックな泳ぎをウォッチング(ベストシーズンは2・3月)。

画像

トレッキングが楽しめる小笠原最高峰の乳房山(母島)。

このエリアの見どころをチェック!

観光スポット検索