ホーム > 東京の楽しみ方 > おすすめ建築スポット > 六本木エリア

六本木エリア

ここから本文です。

ランドマーク的なスポットの周辺に、魅力あふれるアートスポットが集まるエリア。

(1)国立新美術館

建築家:黒川紀章

黒川紀章の設計により、2007年開館。外観の大きくうねる正面デザインが特徴的。国内最大級の展示スペースを生かした展覧会のほか、資料収集や教育普及などアートセンターとしての役割も。外からの光がたっぷりと入るカフェやレストランで過ごすのもおすすめです。

施設の詳細はこちら

徒歩 5分

(2)21_21 DESIGN SIGHT

建築家:安藤忠雄 / all photo by:松岡満男

折り曲げられた巨大な鉄板の屋根が地面に向かって傾斜する独創的な造形の建物。世界に向けて新たなデザインの可能性が発信されるのにふさわしい日本の顔であれ、という設計者である安藤忠雄の思いが込められています。

施設の詳細はこちら

徒歩 5分

(3)東京ミッドタウン

東京ミッドタウン内各所で約20のアート作品を見ることができます。

施設の詳細はこちら

このエリアのガイドマップをダウンロード(PDF)

より大きな地図で おすすめ建築スポット ガイドマップ を表示

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

観光スポット検索