ホーム > 東京の楽しみ方 > おすすめモデルコース > THE東京

THE東京

ここから本文です。

コース:東京駅 → 皇居散策 → 丸の内散策

東京駅と皇居を中心に、新しいスポットが続々とオープンしている丸の内を散策しましょう。スタートは重要文化財に指定され「関東の駅百選」にも選ばれている東京の玄関口、東京駅。2012年に復原され新しくなった東京駅を探索したあとは、皇居へ向かいます。事前に申し込みをすると、宮殿東庭、正門鉄橋(二重橋)などを案内してもらうことができます。丸ビル丸の内オアゾKITTE(キッテ)三菱一号館美術館相田みつを美術館など、丸の内には食事や買い物、アートが楽しめるスポットがたくさん。1時間ほどで丸の内近郊を巡る、スカイバス東京もおすすめです。

10:00 JR・東京メトロ東京駅 丸の内中央口

1914年に近代化の象徴として、赤レンガ駅舎の東京停車場として誕生した東京駅。約100年が経ってTOKYO STATION CITYとして生まれ変わり、ホテル、オフィスビル、丸の内駅舎、東京や日本各地の名店の味が楽しめるエキナカなどの施設が揃いました。丸の内駅舎にある東京ステーションギャラリーでは“東京”をテーマにした企画展が定期的に行われています。

徒歩 15分
東京駅と丸ビル、新丸ビルを結ぶ行幸地下ギャラリーを通り、地上へ。交差する日比谷通りとお堀を渡ると、右手に噴水が見えてきます。噴水のほか、レストランと無料休憩所がある地図上の1和田倉噴水公園です。そのまままっすぐに進み、皇居見学の集合場所である桔梗門へ向かいます。

10:45 地図上の2皇居散策

徳川幕府の居城(江戸城)であった、皇居。1869年に、千年余り住まいであった京都から明治天皇が移り、現在に至ります。皇居内には、天皇皇后両陛下の住居である御所をはじめ、諸行事を行う宮殿、宮内庁関係の庁舎、紅葉山御養蚕所などの建物があります。事前に申し込みを済ませ、桔梗門から入門。休所でのビデオ観覧のあと、富士見櫓、宮殿東庭、宮殿、正門鉄橋(二重橋)、伏見櫓などを案内してもらうことができます(所要時間約75分)。

12:00 地図上の3皇居外苑

皇居外苑を散歩しながら、丸の内へ。皇居には北の丸公園と皇居外苑という2つの公園があります。丸の内に近い皇居外苑には楠正成像やレストハウスなどがあり、人々の憩いの場となっています。

徒歩 15分
三菱地所が発行する『丸の内マップ』(地図上の4丸ビル館内などで配布。無料。 数に限りがあります。)を手に、丸の内を散策しましょう。丸の内仲通りや一号館広場に展示されている計20点の芸術作品や、明治時代の建物を復元した三菱一号館美術館などの歴史的な建物を見ることができます。

12:15 丸の内散策

最先端のショップが数多く入る丸ビル新丸ビルに丸の内オアゾ、丸の内ブリックスクエア、そして2013年春にオープンした地図上の5KITTEで昼食をとり、ショッピングを楽しみましょう。アートが好きな方は、JPタワー内のインターメディアテク、三菱一号館美術館出光美術館相田みつを美術館を訪ねても良いですね。天気が良い日にスカイバス東京に乗って、車窓からの風を感じながら丸の内の風景を楽しむのも、気持ちが良いでしょう。

徒歩 15分
丸の内のビル群の間と途中には休憩できるベンチがたくさんあります。街ゆくおしゃれな人達をながめながら、ちょっと一息。のんびり東京駅へ向かいます。

15:30 JR・東京メトロ東京駅 駅構内

東京駅エキナカのグランスタや、2012年にオープンしたセントラルストリートで東京みやげを買いましょう(改札内に入るには入場券が必要です)。

より大きな地図で モデルコース①THE 東京 を表示

赤線は電車・地下鉄、青線はバス・車、緑線は徒歩

観光スポット検索