ホーム > 交通情報 > 電車

電車

ここから本文です。

きっぷの購入場所、きっぷの購入手順、料金体系

きっぷの購入場所

電車のきっぷは各駅の改札口近くの自動券売機で購入できます。英語は標準で対応しており、中国語・韓国語等の他言語対応券売機も増加している状況です。遠距離の移動または、座席の指定券、特急券などの高額券は自動券売機のほか、「みどりの窓口」や「びゅうプラザ」で購入できます。「みどりの窓口」や「びゅうプラザ」では、JR線のきっぷ以外にも、国内線航空券や、船舶、長距離バス、美術館などのチケットも扱っており、クレジットカードでも支払が可能です。

きっぷの購入手順

自動券売機の場合

ほとんどの自動券売機は10円以上の硬貨と1,000円札のみ利用可能なのですが、5,000円札や、10,000円札などの高額紙幣が使える券売機も一部設置されているので、事前の両替えの心配はありません。

JR自動券売機

指定席券売機

  1. 自動券売機は改札口の向かい側や、脇に設置されています。まず、目的地までの料金を、自動券売機上の壁に表示された料金表もしくは路線図で確認します。
  2. 自動券売機に所定の料金を入れ、該当するボタンもしくはパネルを押します。タッチパネル式自動券売機の場合、まず行き先までの料金パネルを押し、その後から料金を投入することもできます。
  3. おつりときっぷを受け取ったら改札口へと向かいましょう。

「みどりの窓口」や「びゅうプラザ」で購入する場合

新幹線や長距離バスなどは、空いているカウンターに行けば係員が対応してくれますが、一部の寝台列車や特急券、座席指定券などについては、事前に所定の用紙に記入する必要があります。購入方法がわからない場合は、カウンターの係員に目的地や移動ルートなどを説明し、購入方法を尋ねましょう。

自動改札機

  1. 現在、都内のほとんどの駅で自動改札機が採用されています。裏面が黒か茶色の磁気面があるきっぷは、自分が通りたい改札の右手にある改札機のきっぷ差し込み口に差し込みます。改札を通過すると、改札機の反対側へ穴が空いたきっぷが出てくるので、そのまま受け取ります。きっぷは改札を出る時にも必要になるので、折り曲げたり汚したりせず、大切に保管してください。
  2. 目的地に到着し駅を出る時、きっぷはそのまま改札機に回収されます。購入したきっぷで利用可能な乗車区間を乗り越してしまった場合、きっぷを改札機に通すと警報が鳴り通行できなくなります。その場合は、再び出てきたきっぷを受け取り、改札脇にある、乗り越し精算機で不足した金額を払い、出てきた精算券を改札機に通して出るか、改札口脇にある有人の改札で不足金額を払って、通過します。

料金体系

きっぷには、普通片道乗車券の他、特急券、寝台券などがあります。ただし、都内の私鉄や地下鉄で特急券や寝台券を使うことは、一部の例外(私鉄の小田急線ロマンスカーには特急券が必要です)を除いてまずありません。東京では、JR、私鉄、東京メトロ、都営地下鉄など、さまざまな鉄道が運行されていますが、ここでは特に利用頻度の高いJRの料金体系について説明します。

JR料金表

地下鉄料金表

特急券

特急券は、新幹線他JRなどで運行されている各特急電車を利用する際に必要になります。
この場合、乗車券は別途で購入しなければなりません。

特急の普通車指定席をご利用の場合、年末年始・春夏の行楽シーズンなど繁忙期の場合は、通常期の指定席特急料金に200円増しとなり、閑散期には200円引きとなります。

特に新幹線の場合、自由席、指定席、グリーン席(下に説明あり)と、客席が主に3種類あります。乗車には乗車券と特急券が必要となり、自由席の特急料金は通常期の指定席特急料金の520円引きとなります。繁忙期の自由席は大変込み合い、座れないこともしばしばです。

グリーン券

一部の列車に2両ほど設けられた、ゆとりのある座席のことをグリーン席といいます。すべて指定制なので、事前に乗車券の他にグリーン券を購入する必要があります。グリーン券は「みどりの窓口」などで購入できます。

回数券

何度も同じ場所に通ったり、同一料金の圏内で移動を繰り返す場合は、片道10回分の料金で11枚きっぷが購入できる回数券がお得です。回数券は自動改札機や「みどりの窓口」で購入できます。

子供料金

乗車券、特急券、指定席券についての子供料金は大人料金の約半額です。小学生までは、子供料金で電車に乗ることができます。ただし、グリーン券等については、大人と同料金になります。子供料金のきっぷは、自動販売機の「こどもボタン」を押して購入するか、「みどりの窓口」でも購入できます。

また、1歳~5歳は「幼児」、1歳未満は「乳児」扱いとなり原則として無料で乗車できますが、以下の場合にのみ子供料金を払わなくてはなりません。

  1. 大人または子供1人に同伴される幼児が2人以上の場合(3人目からは子供料金のきっぷが必要です。)
  2. 幼児または乳児が1人で指定席、グリーン席、ベッドを利用する場合。この場合、親が座って膝の上に子供を抱えている場合は無料です。 
  3. 幼児が一人で旅行する場合。 

ページの先頭へ戻る

予約・時刻表

予約方法

きっぷの予約とは、指定席券の予約のことを意味します。その際、乗車券も同時に購入できます。きっぷの予約は、乗車予定日の1ヶ月前から可能です。きっぷの予約は「みどりの窓口」や「びゅうプラザ」に置いてある申し込み用紙に、乗車日、希望列車の名前、列車番号、行き先などの必要事項を書き込んでカウンターに提出します。なお、自動改札で購入できるきっぷの座席には、指定席を設けていないので、予約の必要はありません。きっぷの払い戻しは、列車出発後には受付けていないので、乗車の日程などに変更が出た場合は、できるだけ早く「みどりの窓口」で払い戻しの手続きを取ったほうがよいでしょう。

時刻表

都内の電車、とくにJR山手線、JR京浜東北線、JR中央線、各地下鉄、東京23区内の私鉄などは、頻繁に運行されているので、長くても5分から10分程度待てば乗ることができます。ただし、早朝と深夜は本数が少なくなるので、もう少し待ち時間が長くなります。特定の駅の時刻表を手に入れたい場合、その駅の改札口にいる駅員に一言いえばもらうことができます。全国版の時刻表が欲しい場合は、書店で購入することになります。

ページの先頭へ戻る

掲載しております情報は2017年10月現在の情報となります。内容については予告なく変更される場合がありますので、詳しい情報は各機関のWebサイトをご確認いただくか、各機関にお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

観光スポット検索