ホーム > 東京の楽しみ方 > 伝統文化の紹介 > 伝統文化

伝統文化

ここから本文です。

生花

生け花(華道)は、日本の伝統的な他の芸術と同様に儀式の一部にその起源を持ち、死者の魂に花を供える仏教の習慣に由来しています。春には上品で美しい花、夏には燦然と輝く花、秋には色鮮やかな紅葉、冬には裸の茎や枝など四季折々の花や木が多彩な展示を繰り広げます。東京都内の駅、ホテルや神社など公共の場所を訪れると生け花を見かけることがあるでしょう。青山の「いけばな小原流」の教室では英語で生け花のレッスンを受けることができます。

ページの先頭へ戻る

書道

書道は、日本全国の小学校で教えられていますが、その見事に表現された文字はすべての人に強い印象を与えるものです。その美しい筆跡にこめられたメッセージが本質的な部分であり、かすかな線と太い筆の運びが作者の個性を表現しています。東京都内では料亭のメニューや老舗の看板などでその文字を見ることができます。また機会があれば板橋区の日本書道美術館で数多くの作品をご覧になってください。

ページの先頭へ戻る

浮世絵

浮世絵は、鮮やかな色彩と自然を生き生きと描写した木版画として広く知られており、17世紀に登場して以来、活力に溢れる日本美術の一つの様式を形成してきました。葛飾北斎の富嶽三十六景は日本の美術作品の中でも最も有名な作品です。徳川時代から20世紀の終わりまでに描かれた浮世絵を展示する原宿の太田記念美術館を訪れて浮世絵の醍醐味を鑑賞してください。

http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/(外部サイトへリンク)

ページの先頭へ戻る

座禅

姿勢を正して坐った状態で精神統一を行う、禅の基本的な修行法です。姿勢、呼吸、心を整える精神修行のひとつです。座禅中の複式呼吸がストレスを軽減させ、脳を元気にスッキリさせる健康効果があるといわれて、最近では健康法としても注目されています。

ページの先頭へ戻る

歌舞伎

この定型化された演劇の俳優は、登場人物の感情を表現するために独特の化粧をし、ダイナミックな踊りを披露します。銀座の歌舞伎座では、鑑賞に訪れた人はヘッドフォンを借りてパフォーマンスの台詞の一部を英語で聴くことができますが、観客席まで延びている舞台では、観客がお気に入りの歌舞伎役者や歌、離れ業などの演技に向かって大きな声をかけたりするほど素晴らしいので言葉を理解する必要もないほどです。歌舞伎は庶民の娯楽として江戸時代に生まれたものですが、現代でも人々を楽しませる魅力を持ち続けています。

平成25年4月新開場 歌舞伎座(銀座)
提供:松竹株式会社

http://www.kabuki-za.co.jp(外部サイトへリンク)

ページの先頭へ戻る

相撲

日本を象徴するこのスポーツの起源は、男性が神前で力を捧げる神事だった約1,500年前の時代まで遡ります。場所の開催中には国技館が満員になるなど、相撲は今日でも高い人気を集めています。1月、5月、9月に行われる場所中に東京の両国国技館を訪れれば、相撲の取組を丸一日楽しむことができます。取組の後には、国技館の近くに力士が体を大きくするために食べる鍋料理のちゃんこ鍋を楽しめる料理店が多数ありますのでぜひ立ち寄ってみてください。また国技館を行き来する人気力士の姿を見つけてみませんか!

http://www.sumo.or.jp/(外部サイトへリンク)

ページの先頭へ戻る

すだれ

簾として知られる伝統的な折りたたみの仕切りは、デザインの要素を取り入れた魅力的なインテリアとしても日本の家屋と調和しています。夏はそよ風を家の中に入れたり、冬には熱を遮断したりしますが、雨や強い日差しを防ぐものとして窓にぶら下げることもできます。上品で、見た目には質素ですが、竹や材料を使った複雑な製法で数十年の経験を持つ職人が製作しています。

ページの先頭へ戻る

ちょうちん

提灯として知られる繊細かつ華美な紙製の灯ろうは、元々は夜の街の通りを明るくするために使われていましたが、今日でも折に触れて目にすることができます。祭り、特に夏の地域の催しとして知られるお盆祭りでは、提灯は明るい輝きを放ちます。また老舗の食堂でも軒下にぶら下がっている提灯を見ることができます。竹の枠組みと和紙で包まれた、ともしたロウソクが周囲を照らす提灯は、日本で古くから最も愛されてきた工芸品の一つです。大島屋恩田を訪れると、昔ながらの紙製の提灯に自分の手書きの模様や文字を入れる製作体験ができます。
(予約要、指導は日本語のみで行われます。)Tel:03-3841-2619

ページの先頭へ戻る

お茶

茶道として知られる伝統的な茶の作法は、その一瞬を大切にする禅の精神を表現するものです。茶道は、静寂な場所で行われる洗練された作法であり、瞑想にふけったり言葉を交わすだけではなく、気分を新たにできる場にもなっています。和菓子も出され、上品な道具や茶碗を使うのでその時間は一段と崇高なものになります。ホテルニューオータニでは、茶席が設けられており、師匠の英語による指導で茶道を体験することができます。あなたもぜひ立ち寄ってみてはいかがですか?

ページの先頭へ戻る

日本庭園

日本の伝統的な庭園のことです。寺院の他、大名屋敷の庭園・庭園跡、公共施設やホテルの敷地に造られたものもあります。池を中心にして、土地の起伏を生かすか、築山を築いて、庭石や草木を配し、四季折々に鑑賞できる景色を造るのが一般的です。

ページの先頭へ戻る

着物・浴衣

着物は「和服」とも呼ばれ、日本古来の美しい民族衣装として海外の方にも人気です。木綿や絹など素材は様々で、格調高い礼装から気軽なおしゃれ着まで、用途により種類が異なります。今では着物を日常的に着る機会は少なくなりましたが、結婚式やお正月などの特別な時に着用する伝統的な文化があります。浴衣は着物の一種で、薄手の生地が特徴です。色・柄・素材も多彩でファッション性が高く、着物に比べて着用しやすいのが特徴です。
着物も浴衣も日本情緒を味わえる衣装です。自分で着付けすることもできますが、気軽に着付けを体験できる施設もあります。機会があれば着物や浴衣を着て記念撮影や街の散策をお楽しみください。

浴衣の着付け

観光スポット検索